マメ知識

使用上の注意点

優れた効能で注目のプロポリスですが、強い効能には当然、それらに対する何らかの「反動」の可能性が否定出来ません。
例えばマッサージを入念に施された後日、改善された肩凝りの部位が一時的に痛んだり、熱を帯びた感覚に見舞われる経験は、皆さんもご記憶をお持ちでしょう。
いわゆる「揉みかえし」と称される一種の反動症状ですが、類似した症例がプロポリス使用に際しても確認されています。

医学的にはこれらは「好転反応」と称しますが、当事者にはダメージとして実感される症状です。
一切には懸念の症状が改善されているのですが、感覚的にはその限りでは無いと、自身の脳と身体が捉える状況です。
混同してはならないのは、これはプロポリスが招いた副作用では無く、あくまで一時的な「感覚上の異和感」であり、時間の経過と共に通常は納まります。
プロポリス関連商品の摂取に際しては、こうした可能性が存在する事を頭の片隅に留めておく事で、より冷静かつ安全な使用が可能となります。

また他の健康食品全般に共通する事ですので、既に皆さん重々ご承知の事ですが、プロポリスに関しても過剰摂取は厳禁である点を、今一度声を大にしてお伝えしておきます。
早期の効果実感を焦るあまり、規定の摂取量を超過して採りいれてしまう、あるいは自身は体格が大きいからと、素人判断で勝手に日々の摂取量を増やすなどの行為は、絶対に慎まねばなりません。
副作用の報告が見られぬ高い安全性も、あくまで正しく摂取する上での話であり、特に効能が大きな成分を有するプロポリスですので、誤った過剰摂取はそれだけ負のリスクに直結します

また皆さんご自身が有する、特定の物質に対するアレルギー体質が結果、プロポリスの含有成分と合致せず、アレルギー反応に結びついてしまうケースはゼロとは言えません。
アレルギーに関しては自身で認識していないパターンも多く、プロポリス使用からの異和感を通じ、初めて知る事となる展開も確認されています。
大切なのは異和感を覚えたのであれば、即使用を中断し、それが酷い場合は速やかに医師の診断を受ける姿勢です。

MENU
Copyright(C)健康に欠かせない有効成分